イベント時の救護場所をのぼり旗でアピールする

混雑したイベントの場において、救護が必要となる人が出ることはしばしばあります。競争率が高い

大きなイベントになればなるほど、利用者は多くなります。
イベントに参加した場合、救護場所がどこにあるのかを、
自ら率先して事前確認をする人は決して多くありません。

しかし、万が一救護が必要となった際は、すぐに向かわなければなりません。

ここで役立つのがのぼり旗です。

のぼり旗が一番広告

のぼり旗は、「ここが救護場所です」という目印となります。
また、離れているところであれば、矢印や目的地までの
距離を記載するだけで、そこに辿り着くための道案内にもなります。

バリエーション一般的に用いられるお店のものと違い、
ひと際目立つ布地や文字のものを使う必要があります。

緊急時は慌てているので、体調不良になってしまった人や
負傷者本人はもちろんのこと、周りの人も冷静に探すことが困難となります。

そのため、救護場所を知らせるのぼり旗は、パッとひと目で
わかるように目立たせなければなりません。

イベント救護は早期対応が肝心!

イベント救護の役割は、そこで治療や手当を行うことが
可能な場合は、出来る限り早急に治療や手当を行うことにあります。

イベント救護に求められるのは、早期対応になります。
治療や手当などが困難な症状の場合でも、救急車が到着するまでの間の
適切な応急処置等の早期対応をしなければなりません。

どのような症状の患者が来るか予想もできません。
どのような症状の患者が来ても柔軟に対応できるように、
事前に綿密な細部に渡った救護計画を作成しておく必要があります。

それぞれのスタッフの役割分担などを事前に決めておくことも必要です。

特にイベント救護の場合は、事前に救護場所の届け出などの
関係部署への提出が必要になる場合もあります。

図面での提出となる場合が多く、実際に現場では
混乱してしまうことも考えられます。

駆け付けた救急隊が救護場所へ迷うことなく駆け付けることが
できるようにするためには、のぼり旗などの設置が必要となるでしょう。

イベント参加者への目印となるだけでなく、緊急時の
救急隊の目印にもなります。

また、大きなイベント時の救護場所は、小さい子供などの
迷子センターとして使われることも多いです。

子供が迷子になって探しているお父さんお母さんも、
「救護場所」ののぼり旗を目印に子供を探しに来るはずです。